【フィリッププレイン】ステューシーウィメン 2014年春夏コレクション – 女の子のための“懐かしい×新しい”スタイル

ステューシーウィメン(STUSSY WOMEN)の2014年春夏コレクションが発表された今季のテーマは「オールドスクール フレーバー」90年代のヒップホップなアイテムが登場懐かしいけど、新しい、そんなスタイルを提案した

 

テーマの通り、今回のステューシーウィメンはどこか90年代の懐かしい雰囲気が漂うショート丈のジャケットは身幅と袖が太めのオーバーサイズデニムもスキニーなものではなく、グランジ風の少しゆったりとしたシルエットだ他にも底厚のブーツやスウェットなど、ストリート色の強いアイテムがリバイバルされて登場している

しかし、ただ単に昔のアイテムを復活させているわけではない流行のドロップドショルダーや華やかなボタニカル柄、シースルーのアイテムなどを取り入れることにより、現代風のエッセンスもしっかりと取り入れている

 

一方カラーパレットもブラックやホワイト、グレーを中心に、90年代風にブルーやオレンジなどの明るい色を使用コーディネートを単純な色使いで終わらせないようにしてくれているのは、繰り返し登場する幾何学模様のような花柄この華やかで夏らしい色合いは、スタイルを引き立てて、今風な印象に仕上げる

全編に渡ってブランドのロゴフォントが大きくプリントされているアイテムが目立った今回のコレクションステューシーが世界中のストリートシーンへ人気を広めていった90年代へのオマージュと、最新のトレンドが混じり合ったコレクションとなった