【ブランド】M A S U 2023年春夏コレクション、“マイケル・ジャクソンに着想”自由で美しい祝福を

M A S U(エム エー エス ユー) 2023年春夏コレクションが、2022年9月1日(木)渋谷ヒカリエ ホールにて発表されたテーマは「ready」

マイケルジャクソンに着想

M A S U 2023年春夏コレクション、“マイケルジャクソンに着想”自由で美しい祝福を|写真1

豪華爛漫なハリウッドの舞台を連想させる、“レッドカーペット”が会場に敷き詰められた今シーズンコレクションのインスピレーション源となったのは、地球上でもっとも有名なポップスターのひとり、マイケルジャクソンだ

M A S U 2023年春夏コレクション、“マイケルジャクソンに着想”自由で美しい祝福を|写真3

最高のステージを演出する絢爛な姿と、パパラッチを避けて顔を隠して歩くプライベートの姿──そのどちらもが紛れもなく本人であり、等しく魅力的に映ったというデザイナーの後藤愼平は、マイケルジャクソンのアイコニックなスタイルやカラーパレットの直喩に留まらず、相反するエッセンスを共存させるコレクションを、春夏の軽やかな素材と共に作り上げた

リアル×アンリアル

M A S U 2023年春夏コレクション、“マイケルジャクソンに着想”自由で美しい祝福を|写真4

そもそも、通常セレモニーの場として使用されるレッドカーペットだが、それも「たかが赤いカーペット」なのではないか…?と考えた後藤会場作りからデザインを介して先入観に疑問を呈した、真っ赤なランウェイには、リアルとアンリアルの要素が次々と絡み合っていく

例えばフォーマルなタキシードには、グランジのエッセンスをプラスし、スーパーワイドなスウェットや、ハーフパンツをスタイリングたっぷりのフリルをあしらったドレッシーなシャツは、テックマテリアルで再構築し、ボタンの代わりにジップアップディテールを採用した

煌びやかな素材を採用

M A S U 2023年春夏コレクション、“マイケルジャクソンに着想”自由で美しい祝福を|写真17

マイケルジャクソンのステージ姿を連想させる、煌びやかな素材も今季ならではフーディーやボトムス、ひらりとなびくスカーフは、スポットライトにあたるたびに、ぎっちりと敷き詰められたスパンコールがギラギラと光るまたカジュアルなデニムには、色とりどりのビジューを配してそしてコレクション全体のキーカラーとなるのは、もちろんスーパースターの彼を象徴する鮮やかな“レッドカラー”だ

アイコニックなデザインも

M A S U 2023年春夏コレクション、“マイケルジャクソンに着想”自由で美しい祝福を|写真19

こうしたフレッシュな素材やカラーの選択だけなく、継続して使われる“変わらない”要素も印象的ブランドらしいポップコーントップスは、今季ブルゾンやパンツ、バラクラバといった様々なアイテムにまで拡張し、春夏の軽やかなムードを助長またフリンジやバイカーチャップス、トランスペアレントなオーガンジー素材に加え、クラッシュやほつれといったディテールからも、過去シーズンからのはっきりとした繋がりを伺うことができる

大量の紙吹雪でフィナーレを

M A S U 2023年春夏コレクション、“マイケルジャクソンに着想”自由で美しい祝福を|写真40

ショーのラストは、大量に降り注ぐ紙吹雪と共にフィナーレキラキラと輝く紙吹雪は、もちろん今季のキーカラーである赤で、レッドカーペットをより華やかに塗り替えていく観客の歓声の渦の中で、両手を広げて喜びをあらわにするモデルたち固定観念にとらわれない自由で美しいステージこそ、後藤が作り上げたかった新しいセレブショーンの在り方なのだろう