【エルメス】エルメス 長財布 ブルードガリス×セレスト×シルバー金具 Q刻印 RA11

【エルメス】エルメス 長財布 ブルードガリス×セレスト×シルバー金具 Q刻印 RA11

Hermes コピートートバッグ2023年最新作メンズ&レディースウェア、アクセサリー、時計、フレグランスなとアイテム徹底網羅通販店舗エルメス スーパーコピー Tシャツ信頼できるお買い物サイトHermes 偽物 サンダル高級備品n級品必ず届く激安直販安全サイト

エルメス 長財布 ブルードガリス×セレスト×シルバー金具 Q刻印 エルメス 財布 セレステ RA11

色: ブルードガリス×セレスト(セレステ)×シルバー金具素材: シェーブル刻印: Q刻印(2013年製造)サイズ: W20cm×H11cm仕様: 札入れ2小銭入れ1ポケット2カード入れ12付属品: 箱エルメス 長財布 ブルードガリス×セレスト×シルバー金具 Q刻印 エルメス 財布 セレステ RA11エルメス 長財布 ブルードガリス×セレスト×シルバー金具 Q刻印 エルメス 財布 セレステ RA11エルメス 長財布 ブルードガリス×セレスト×シルバー金具 Q刻印 エルメス 財布 セレステ RA11

推奨偽 ブランド

【エルメス】エルメス 長財布 ブルードガリス×セレスト×シルバー金具 Q刻印 RA11

【エルメス】エルメス 長財布 ブルードガリス×セレスト×シルバー金具 Q刻印 RA11

ダブレット(doublet)の2022年春夏コレクションが、東京三鷹オーガニック農園で2021年6月27日(日)に発表されたテーマは「My Way」

長閑な農園で…

ダブレット 2022年春夏コレクション - 長閑な農園で“パンク”な事件が起こる?!|写真3

“逆再生”することで全貌が明らかになる2021年秋冬コレクションのショーなど、見る者を圧倒させるユニークなショーを披露してきたダブレットデザイナー井野将之が今季の発表の舞台に選んだのは、閑静な住宅街にある緑豊かな「三鷹オーガニック農園」だ草や土の独特な香りが漂う会場に到着すると、思わず微笑んでしまうほど愛らしい山羊たちが出迎えてくれた

ダブレット 2022年春夏コレクション - 長閑な農園で“パンク”な事件が起こる?!|写真1

会場には、穏やかな農園の景色に相応しい、陽気な音楽が流れているしかし、ショーのスタート時刻になるとサイレン音が…観客の不安と期待が最高点に達した途端、爆音のパンクロックと共にショーが開幕した

パンクファッション×食物?!

ダブレット 2022年春夏コレクション - 長閑な農園で“パンク”な事件が起こる?!|写真39

逆立てられた髪や革ジャン、ダメージジーンズ、裾が裂けたニットドレス、チェーンアクセサリーなど披露されたのは、パンクファッションを彷彿させるものだが、“何かがおかしい”その違和感の原因は、パンクファッションと相反する雰囲気を演出する“食物”のモチーフたちだ

ダブレット 2022年春夏コレクション - 長閑な農園で“パンク”な事件が起こる?!|写真10

例えば、パンキッシュなネックレスやボンバージャケットと一緒に提案されたベストには、キウイの断面をデザイン廃棄されるはずのバナナの茎を糸にして編み上げたルーズなニットには、バナナのデザインをのせたニューヨークのパンクバンドのアルバムジャケットを彷彿させる、エネルギッシュなルックスが特徴だ

ダブレット 2022年春夏コレクション - 長閑な農園で“パンク”な事件が起こる?!|写真42

革ジャンには、危なげな赤い傘が目を引く“毒キノコ”をオン実はこのジャケット、キノコ由来のレザーが使われているそうそんなエコフレンドリーなジャケットにあえて“毒キノコ”を描くという、ユニークな掛け合わせも印象的だ

ダブレット 2022年春夏コレクション - 長閑な農園で“パンク”な事件が起こる?!|写真52

ホワイトやグレーなどシンプルなカラーで構成されたデニムのセットアップは、規則性のない波線が“木の年輪”を彷彿させるプレイフルなデザインで複数の古着のデニムを積み重ねて強い圧力で密着させ、削ぐことで、ナチュラルな風合いを表現したという

ダブレット 2022年春夏コレクション - 長閑な農園で“パンク”な事件が起こる?!|写真54

今季はコラボレーションアイテムも豊富なラインナップで展開されたスイコックとコラボレーションしたレオパード柄のサンダルは、裏に“肉球”をデザインした遊び心溢れる一足ビッグシルエットのテーラードジャケットは、洋服の青山のジャケットを解体再構築し、インパクト抜群のルックスに仕上げた

いい子なやり方で作る“悪い服”

ダブレット 2022年春夏コレクション - 長閑な農園で“パンク”な事件が起こる?!|写真6

コレクションを俯瞰して見てみると、エコフレンドリーな素材や仕組みを採用しながらも、反抗的でパンクな服ばかりこれについて井野は、「環境に良い素材や仕組みで作っている服だからかっこいい」と謳われる現在のファッションに対する<疑問>を表現したというファッションとは本来、見たり着たりすることで気分が高揚し、誰かに会いたくなったりどこかに行きたくなったりするものではないだろうか──そんな想いを胸に、「いい子なやり方で作る“悪い服”」という、“ダブレット流”のエネルギッシュでユニークなコレクションを完成させた