【ドルチェ&ガッバーナ】ノワール ケイ ニノミヤ 2015-16年秋冬コレクション – 無数のパーツが生む、黒の世界の奥行き

ドルチェ&ガッバーナ

ノワール ケイ ニノミヤ(noir kei ninomiya)の2015-16年秋冬コレクションがフランスパリで発表された

ブランド立ち上げ以来、初めてのランウェイショーを行ったノワール ケイ ニノミヤブランド名にもあるように、黒を主体としたワードローブがずらりと並んだあらゆる素材を駆使し、風合いの違いを楽しめるウェアが目立った今シーズン小さなパーツを無数に集合させたようなジャケットやドレスが一際目を惹いた

ファーストルックを飾ったのは、四葉のようなパーツを、スタッズで組み合わせた立体的なコートだこの生地は裏側から見ると、立方体が連なったように見え、襟や裾で異なるニュアンスを演出合皮ならではの光沢を放ち、荘厳な雰囲気を醸し出している

つづいて登場したのが、大きめのフラワーモチーフが集合したようなデザインのアウターウェアツヤのある素材感は、光を程よく反射し黒特有の重々しさを軽減していたそれとは対照的にパンツやシューズはミニマル上下のボリュームが巧みに操作されていたポップなモチーフと素材感でバランスをとりながら、全体として存在感のあるコーディネートに

ショーの中盤に登場したライダースを纏ったルックでは、素材の使い方に遊び心を発揮パイルが用いられたジャケットには、レースのような薄いファブリックと金色のリボンが織り込まれた厚手の生地がレイヤードされたスカートを合わせた1つのコーディネートをワントーンで仕上げたにもかかわらず、表情がこれほど豊かに仕上がっているのは、何種類も組み合わせられた、テキスタイルの風合いが織りなすものなのだろうドルチェ & ガッバーナ 偽物

この他にも、興味深いファブリックを用いたアイテムが多く登場フェイクレザーのブルゾンに毛糸のような刺繍を施したアウターや、荒らさの違うレースが何層にも折り重ねられたスカート、ビニールのような加工を施すことで、チェック柄を表現したニットなど、「黒」の味わいの奥深さを感じるデザインが目立ったコレクションとなった

ドルチェ 靴 コピー