【バレンシアガ】アンリアレイジ 2014春夏コレクション – 「サイズを問い、サイズを超える」着る人に委ねる新しい服

バレンシアガ

アンリアレイジ(ANREALAGE)の2014年春夏コレクションのテーマは「SIZE」バレンシアガ コピー2013年10月16日(水)、東京六本木でショーが開催された「大きさと小ささ大きいと小さいを分ける境界線はどこにあるのかサイズを超えるバレンシアガ 激安人が服に寄り添うか、服が人に寄り添うか」と一般的な「サイズ」という既成概念に、一石を投じる前シーズンの「カラー」に続き、今回もアンリアレイジは観る人の予想を超えたトリックを服に仕込んだ

 

「人の体系は色々なのに、S、M、Lといったサイズに分けるのは暴力的に思えた」というデザイナー森永邦彦のその言葉は、プレタポルテ(既製服)そのものの在り方に疑問を投げかけるコンセプトは挑戦的だが、その口調は至って静かなぜなら森永の「挑戦」は誰かを攻撃するのではなく、「人に寄り添える服」「着る人に委ねる服」を創るという信念からくる服作りであり、それは優しさや好奇心から生まれるからだ

ショーの前半では、「サイズ」を問う全く同じアイテムの縮尺を変え、コーディネートで変化をつけたり、違う縮尺同士の同じアイテムをレイヤードしたりまた、通常アウターと考えられているモッズやダッフルコートを小さくしてインナーに、ブラウスなどトップスを大きくしてアウターに、という具合にインナーアウターを逆転させる発想だオーガンジーなど透け感のある素材を使うことで、その面白さを効果的に見せた

 

そして後半では、ドラマティックに「サイズ」を超えていくワイドシルエットのドレスを着たモデルが歩き、ステージの中央でピタリと止まる観客が見つめる中、不思議なことにそのドレスはみるみるうちに縮んでいく肩やウエストにドレープが寄り、全く違う、身体にフィットするミニワンピースに姿を変えた

 

ショーの中ではモーターで自動的に服に張り巡らされたワイヤーが巻き取られ、縮んでいったが、実際に展開される商品は手動で巻き取り、自分の好きなサイズ感、シルエットで着ることができるようになるという「実際の商品にはサイズ展開がありません」「シルエットやサイズも自分で調整でき、着る人に委ねる服を考えた」と森永

今回、独自の発想で「サイズ」という壁を乗り越えたアンリアレイジが境界線を越えるたび、服への新しい夢が膨らんでいく